貴方の条件が現実的かをチェック

貴方の条件が現実的かをチェック


貴方の条件が現実的かをチェック
これからの時代は分譲で物件を購入するよりも、断然賃貸に引っ越しを考えている人の方が多くなっています。
中には賃貸を一生利用される人も多く、現状の分譲も賃貸として変化をしているのです。 探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのがどうしても嫌なのでしたら、最終的には希望家賃設定を上げるしか方法はありません。

インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
予算内で物件を探すことが出来ないようでしたら、条件よりも狭い部屋にするか、駅から遠い部屋にするかなど条件を広げてみましょう。
不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
物件の情報誌などで希望沿線や希望駅で予算に合っている広さや間取りの部屋があるのかどうかを確認しておきましょう。



貴方の条件が現実的かをチェックブログ:2017-11-14

ワールドカップの日本代表を応援するため、
パパがはちまきを買ってきた。

パパはそのはちまきを締め、
日本酒を片手にテレビの前を陣取っている。

「こういうのはな、団結が必要なんだ。気持ちで勝負だ。ここに味方がいるぞ!」

あきれるぼくたち家族をそっちのけに
パパは大声で選手と一緒にボールを追っていた。

それを機に孫である、
ぼくの娘の運動会にも
パパははちまき姿で登場した。
周囲のくすくす笑う声もなんのその…

娘も祖父の必要以上の応援に少し気恥ずかしげに、
もじもじしている様子。

熱い応援も功を奏すことはなく、
徒競走では、思いっきり転んでしまい
結果はびりから二番目だった。

そんな折、
パパの母である
ぼくの祖母が認知症の症状がひどくなり、
施設に入院することとなった。

九十歳に近い祖母は家族の顔はすっかり忘れ、
孫であるぼくのことはもちろん、
自分が産んだ息子のこともおぼろげになっていた。

祖母の入院する施設にパパとぼくで会いに行った。
パパの顔を見ても、恭しくお辞儀をするだけの祖母。

パパは何と声をかけたらよいか迷っているようだった。
無言の時間がどれだけ続いただろう…

パパは自分の汚れたズボンのポケットから
例のはちまきを取り出した。
そして、そっと、祖母の真っ白な頭に巻いてやった。

「気持ちで勝負だよ、母ちゃん。
ここに味方がいるぞ。家族はいつでも母ちゃんの味方なんだよ!」

そう、声をかけるパパの目には涙がにじんでいた。
ぼくは後ろで声を押し殺して泣いた。

祖母はやわらかく微笑んで、そのはちまきを触っていた。
貴方の条件が現実的かをチェック

貴方の条件が現実的かをチェック

★メニュー

賃貸契約する時には審査がある
良い不動産屋の条件
流通物件と独自物件の違い
貴方の条件が現実的かをチェック
家賃交渉をする時のコツ
良い賃貸物件選びの近道
ターミナル型の不動産屋
賃貸マンションを選ぶメリット
賃貸の物件情報で費用面を確認
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方の賃貸生活を快適空間へ