貴方の条件が現実的かをチェック

貴方の条件が現実的かをチェック


貴方の条件が現実的かをチェック
これからの時代は分譲で物件を購入するよりも、断然賃貸に引っ越しを考えている人の方が多くなっています。
中には賃貸を一生利用される人も多く、現状の分譲も賃貸として変化をしているのです。 探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのがどうしても嫌なのでしたら、最終的には希望家賃設定を上げるしか方法はありません。

インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
予算内で物件を探すことが出来ないようでしたら、条件よりも狭い部屋にするか、駅から遠い部屋にするかなど条件を広げてみましょう。
不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
物件の情報誌などで希望沿線や希望駅で予算に合っている広さや間取りの部屋があるのかどうかを確認しておきましょう。



貴方の条件が現実的かをチェックブログ:2018-04-17

減量を始める前の僕は…
「12時になったら11時食を食べるのが当たり前」
「お腹が空いたら食べるのが当たり前」
「安いがおやつあったら買い置きするのが当たり前」
「ごはん大盛りが無料なら大盛りにするのが当たり前」
…そんな生活を送っていました。

すでにこの時点で「ん?」と思う人もいるでしょうね。

私にとって「当たり前」でも、
他の人にとって「当たり前」になるとは限らないんですよね。

例えば…
「大盛りが当たり前」
「まとめ買いが当たり前」
これってオトク感を考えると、良い選択のように見えます。

定食屋などではほとんどがごはん大盛りはサービスですから、
どうせ同じ料金を払うなら、
ごはんの量は多い方がいいに決まっています。

まとめ買いも、せっかく安いおやつを見つけたなら、
たくさん買っておいてストックした方がいいですよね。

でもこれらの「当たり前」って
節約生活と言う観点で見ると正しい「当たり前」なのかもしれませんが、
減量や健康を考えた場合は、
必ずしも良いとは言えないんです!

それになんと言っても、
「買わない」ことが一番の節約です。

また定食でごはんを大盛りにすると
糖質を大量に食べ過ぎてしまうため肥満に直結します。

これでは
せっかく美味しいごはんを食べたのに、
「太ってしまう」と後悔したり、
さらに悪化すると糖尿病などを発症させる要因になってしまったりします。

つまり
短期的には同じ価格でより多くの食事ができる、
「大盛り」を頼む方がオトクなわけですが…

長期的な健康、減量などといった見地から見ると
必ずしもそうとは言えないんですね。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
貴方の条件が現実的かをチェック

貴方の条件が現実的かをチェック

★メニュー

賃貸契約する時には審査がある
良い不動産屋の条件
流通物件と独自物件の違い
貴方の条件が現実的かをチェック
家賃交渉をする時のコツ
良い賃貸物件選びの近道
ターミナル型の不動産屋
賃貸マンションを選ぶメリット
賃貸の物件情報で費用面を確認
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方の賃貸生活を快適空間へ