賃貸契約する時には審査がある

高校を卒業していざ一人暮らしを始めようとする時、多くの人が賃貸物件を選ぶことでしょう。
どんなに学業がメインであっても、賃貸物件選びには決して妥協することなく足も使って探していきましょう。 一般的な賃貸物件を持っている大家さんというのは、金融機関のような厳しい審査を行うことはありませんのでご安心ください。
パートの方や恋人同士で借りたい、などといったことで審査が心配な人も大家さんのOKが出れば問題なく賃貸契約を結ぶことが出来るのです。

 

賃貸物件のオーナーと不動産屋が家賃における保証契約をしている場合には、借り手となる人の支払い能力を最重要視し審査が行われます。
入居審査用紙という名目で、信販会社の審査を実施していることもあります。
オーナーとなる大家さんが管理をしているのではなく、管理会社などが物件の管理をしている賃貸物件は、契約をする為の審査が多少厳しくなっています。
このような場合におきましては、本人の所得証明書や保証人の所得証明書などといった様々な書類の提出を求められる事もあるので覚えておきましょう。



賃貸契約する時には審査があるブログ:2017-12-30

昨年末に、孫が生まれました。
かわいい!!とにかくかわいい!!

昔からよく、
息子よりも孫の方がかわいいとは聞いていましたが、
これほどかわいいと感じるとは思いませんでした。

しかし、
自分が息子を産んだ時も、当然かわいいと感じていたのです。
そりゃもうかわいくて、自分が命をかけて産んだ息子ですから、
かわいくないわけがない。
ではどうして、孫の方がかわいいと感じるのか?

自分が息子を産んだ時は、命をかけて産んでます。
ものすごいリスクを負って、
出産という一代イベントに望んでいるわけです。

10ヶ月間、様々な制約も受けました。
どうやって産み育てるのか?と、不安も乗り越えました。

言うなれば、大きな山を、
数々の困難を乗り越えながら
やっと頂上に辿り着いたようなものです。

さて、孫の場合ですが、
俺はたいしたリスクは負っておりません。

めちゃくちゃ当たり前ですが、
俺が妊娠しているわけではないので、行動になんの制約も受けません。
そしてむすめが出産するわけですから、
俺のからだにはなんのリスクもありません。

にも関わらず、
リスクを負った息子の出産よりも、
なぜ孫がかわいいと感じるのか?

一般的には、
「責任がないから孫はかわいい」とよく言われます。

確かに、息子は産んでからが大変です。
「この子を幸せにしなきゃ」と思います。

息子を幸せにするのに、
親としての責任が出てくるわけで、
それがプレッシャーにもなると言われるわけです。

ところが孫ですと、育てるのは親ですから、
おばあちゃんは責任を感じる必要がなく、その分プレッシャーもないので、
単純にかわいいと感じる事ができるんですね。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。

このページの先頭へ戻る