家賃交渉をする時のコツ

今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。 賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。

 

もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。
賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。





アサイーは当サイトへ
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/eacai/
お勧めサイト、アサイーの紹介


家賃交渉をする時のコツブログ:2018-07-05

シェイプアップ中は、
食事は1日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食事摂取カロリーの割合は、
朝方:昼:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
1日の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
朝方食540kcal、昼食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
昼食に重点を置き、
朝方食と夕方食は軽い食事で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

シェイプアップ中でカロリーが気になったり、
食事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
ウエストの満足感も感じられるのでおすすめです。

食事の時間が不規則で
ウエストが空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

ウエストが減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食が18時遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食事にしてみましょう。

18時は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食事はバランスが大切です。
朝方・昼・夕方を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食事を上手にコントロールしましょう!




このページの先頭へ戻る